合宿免許に年齢制限はある?

合宿免許は何歳から参加できる?

合宿免許は基本的に18歳以上の人が参加できます。

これは「修了検定は18歳以上でなければ受けられない」ためです。

修了検定とは第1段階の技能教習の検定のことで、これに合格した上で、仮免許学科試験に合格すると仮免許が交付されます。

合宿免許の場合、入校から仮免許学科試験までが約1週間ですので、18歳になる前に修了検定までの教習が終わってしまう可能性があるため、入校時に18歳以上である必要があります。

一方、通学免許の場合、18歳になる1ヶ月前や2週間前からの入学を認めている教習所はたくさんあります。

通学免許は教習に時間がかかりますので18歳になる前でも教習を受けることができますが、修了検定は18歳の誕生日以降でなければ受けられません。

合宿免許は何歳まで参加できる?

合宿免許に参加することに対して年齢制限を設けている教習所はほとんどありませんが、教習所によって保証内容が異なっていますので注意が必要です。

合宿免許は最短14~16日で卒業できますが、これは順調に教習が進むことが前提で、何度か行われる試験に不合格になると、卒業は伸びてしまいます。

具体的には第1段階で修了検定に合格すると仮免許学科試験を受けることができて、これに合格すると第2段階に進み、最後の修了検定に合格すると卒業となります。

これらの試験に1発合格できないと卒業が遅れてしまいまい、宿泊の日数も伸びてしまいますが、最短日数での卒業ができない場合、追加費用なしでの宿泊を保証するか、あるいは何泊までの宿泊を保証するかは教習所によって異なります。

まず25歳以下の場合、追加費用なしで卒業までの宿泊を保証している教習所と、最短日数から数泊までの保証している教習所に別れますが、この場合、多くは3泊までを保証しています。

ですので、25歳以下の大学生の方でも、最短日数で卒業できる自信があまりないという人は、卒業まで保証してくれる教習所を選んだ方が良さそうです。

一方、26~30歳になると、卒業まで保証してくれる教習所は少なくなり、最短日数から3泊までの保証がほとんどになります。

さらに、35歳以上になると、最短日数から3泊の延泊についても保証しない教習所がほとんどになります。

また、35歳以上の方は、延泊するとどんどん宿泊費がかさみますので、合宿免許には参加せずに通学免許の方が安くなる可能性も出てきます。

合宿免許に年齢制限があるのはなぜ?

合宿免許に年齢制限がある理由は、年齢が上がると技能教習の時間が延びてしまうことが多いためです。

若い人は飲み込みが早く、運転のコツもつかみやすいですが、年齢が上がるとどうしても上達が遅くなってしまいますので、卒業が遅れてしまう傾向があるのです。

合宿免許は教習所がスケジュールを決めて、指導員や教習車を効率的に運用することにより

通学免許より安い価格を実現しています。

つまり、教習生の技能教習が伸びてしまうと、教習所のスケジュールが狂ってしまい、効率的に運用することができなくなってしまいます。

このため、できるだけ最短期間で卒業できる比較的若い教習生の方が、教習所にとってはありがたいということになります。

こうした理由から、年齢が上がると、最短期間から3泊の延長までのみ保証したり、最短期間以上の保証は行わない教習所がほとんどです。

まとめ

以上、合宿免許の年齢制限について紹介しました。

まず最低年齢ですが、「修了検定は18歳以上しか受けることができない」という法律的な理由から、合宿免許の参加は18歳以上となっている教習所がほとんどです。

これは、18歳になる1ヶ月くらい前から入学できる通学免許との最大の違いだといえます。

次に、合宿免許に参加できる年齢に上限を設けている教習所は少ないですが、最短期間で卒業できなかった場合の延泊保証の有無や、保証を行う年齢制限については教習所によって異なります。

25歳以上になると、卒業するまで延泊を保証してくれるという教習所は少なくなってきて、3泊までの保証や、保証がない教習所が増えてきます。

特に、35歳以上の方については、延泊の保証を行わないという教習所がほとんどで、最短期間で卒業できなかった場合は追加費用が発生します。

合宿免許は約2週間で卒業できて、価格が安いというメリットがありますが、年齢が上がると技能教習の時間が延びる傾向がありますので、卒業も遅れる人が多いようです。

通学免許は卒業まで平均2~3ヶ月かかり、価格は30万円が一般的ですので、若い人は約2週間で免許が取得できて、その間の宿泊費もセットになっている合宿免許がお得であることは間違いないと思います。

しかし、年齢が上がると、技能教習も思うように進まないこともありますので、自分のペースで教習所に通う通学免許の方が安く済むというケースもありそうです。

関連記事