一人で合宿免許に参加してみよう

合宿免許は一人人で参加しても大丈夫か?

合宿免許は友人などと参加する人が多いといわれていますが、一緒に合宿する仲間がいないという人もたくさんいらっしゃる人もいます。

しかし、合宿免許は一人で参加することも可能で、実際にそのような人はたくさんいますので全く心配する必要はありません。

合宿免許というと、相部屋で共同生活をするというイメージがありますが、実際は教習所に設置されている宿舎にはシングルルームがありますし、ビジネスホテルのシングルルームに宿泊することも可能です。

合宿免許に一人で参加するメリット・デメリット

合宿免許に一人で参加するメリットは、教習に集中できるという点です。

合宿中には3回の学科試験があり、これに合格しなければ次のステップに進めないシステムになっているため、しっかり勉強する必要があります。

友人と一緒に参加するとどうしても勉強がおろそかになってしまい、最短期間で卒業できず、合宿期間が延びてしまう人もいます。

一人で参加すると勉強に集中できますので、試験にもきちんと合格できて最短期間内で卒業できるケースがほとんどです。

一方デメリットは、友人など仲間がいませんのでホームシックなどになってしまうことがある点です。

誰とでも話ができる人なら特に問題ないと思いますが、人見知りする人などは一人で参加するのは少し大変かもしれません。

おすすめの一人で参加できる合宿免許

一人で合宿免許に参加できる教習所はたくさんあり、こうした施設を紹介しているサイトもありますので、これらを参考にして選ぶことができます。

一人で合宿免許に参加するときの教習所選びのポイントはいくつかありますが、まずは宿舎です。

教習所の敷地内に宿舎があるケースと、近隣のビジネスホテルなどに宿泊するケースがありますが、宿舎の方がおすすめです。

宿舎だと教習所まではすぐですが、ビジネスホテルは教習所まで少し距離があることがほとんどで、特に女性が一人で参加するときは宿舎の方が安心です。

また、最近は、女性専用の宿舎を設置している教習所も増えてきました。

こうした女性専用の宿舎の多くは、内部がホテルのように綺麗で、おしゃれなカフェテラスやフィットネスルームなどを供えている施設もあります。

女性一人の場合、一緒に合宿する仲間が女性ばかりの方が安心ですので、こちらがおすすめ

です。

さらに、こうした教習所は女性の指導員もたくさん在籍していることが多く、教習が思うように進まないとか、上達が遅く悩んでいる教習生の相談にも乗ってくれますので安心です。

そして、宿舎で合宿する場合、こちらで朝・昼・晩の3食を食べますが、多くの教習所が提供する食事にも力を入れており、毎日おいしい料理が振る舞われますので、教習にもやる気が出ます。

一方、ビジネスホテルで宿泊する場合、朝食はホテルで食べますが、昼と晩は提携している食堂などで食べることが多いようです。

また、約2週間の合宿中に色々必要なものも出てきますので、宿泊施設の近くにコンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアなどが会った方が便利ですが、先ほど紹介したサイトにはコンビニまでの距離なども記載されていますので参考にしてください。

そして、最も気になるのが費用ですが、合宿免許の相場は20万円前後から35万円くらいが一般的で、時期によって価格が変動するほか、部屋の種類によっても価格が変わります。

一人で参加する場合、シングルルームを使用する人が多いと思いますが、シングルはツインに比べると1~2万円程度高くなるケースが多いようです。

初対面の人と相部屋出生活するのはかなり抵抗がありますので、少し価格が上がってもシングルを選ぶのが無難ですね。

また、合宿を受ける地域によっても価格差がありますが、九州や東北などはそのほかの地域に比べると価格が安い傾向があり、20万円以下の教習もあります。

しかし、価格が安い教習所は宿舎の設備が整っていなかったり、交通の便が悪かったりしますので、事前にしっかり調べた上で申し込みましょう。

ちなみに、閑散期だとシングルルームを選んでも25万円以下で参加できる教習がほとんどですので、2週間くらいの時間を作れる人は空いている時期を選ぶのがおすすめです。

まとめ

以上、一人での合宿免許の参加についてまとめてみました。

一人で参加するのは不安がある人も多いと思いますが、最近はほとんどの教習所がシングルルームを用意していますので、一人でも問題なく参加できますので、全く心配は必要ありません。

そして教習所を選ぶポイントとして、最近は教習所の敷地内に宿舎が設置されていることが多いですが、こうした教習所を選ぶと毎日の通学が楽ですのでおすすめです。

また、費用は閑散期であれば23~25万円程度ですので、迷っている人は思い切って申し込んでみましょう。

関連記事