合宿免許はコミュ障でも大丈夫

合宿免許にコミュニケーション力は必要?

約2週間泊まり込みで教習を受けて運転免許を取得する合宿免許は、大学生などに人気があり、多くが友人などと一緒に参加していますが、最近は1人の方も増えてきました。

1人で参加する場合、周りの人たちとうまくコミュニケーションを取る自信がなく、教習が上手くいくのか心配という人も多いと思います。

そこで、合宿免許中にコミュニケーションが必要なのはどんなシーンなのか考えてみます。

技能教習中の教官とのコミュニケーション

技能実習中は教官が様々な指示を出しますが、それをしっかり聞きながら運転のコツをつかんだり間違っている箇所を修正したりしますので、コミュニケーションを取る必要があります。

また、車の運転は感覚に頼る部分も多いので、分からない点を教官に質問すると上達も早くなります。

しかし、これは通学免許でも同じ事で、合宿免許だから特別というわけではありませんので、コミュ障だからという理由で心配する必要はないと思います。

他の教習生と教習の合間や食事の時のコミュニケーション

合宿免許は約2週間の教習中は同じメンバーですので、顔見知りになり教習の合間などは自然と話をするようになり、分からない点を教えてもらったり世間話をしたりします。

また、教習所の宿舎で宿泊する場合、食事も一緒に食べますので教習生と話をする機会もたくさんあると思います。

一方、通学免許の場合、同じメンバーで学科教習を受けたり食事をともにしたりすることはありませんので、こうしたコミュニケーションは必要ありません。

合宿免許中のコミュニケーション対策

合宿中に特にコミュニケーションが必要だと思われるシーンは、技能教習の時や学科で分からない点を質問するときです。

特に、合宿免許はスケジュールが決められていますので、予定通り最短期間で卒業するためには、技能が上達する必要がありますし、学科試験でも合格する必要がありますので、分からない点は積極的に質問することが大事です。

コミュニケーションが苦手だからという理由で分からない点をそのままにしておくと、卒業が遅れてしまいますので勇気を出して積極的に行動するしかありません。

そのような場合、気の合いそうな教官を1人見つけておいて、その人に分からない点は教えてもらうようにするのがおすすめですし、女性の方なら同性の教官に質問するのも良いかもしれません。

コミュ障におすすめな合宿免許プラン

コミュ障なので1人で合宿免許に参加するのは不安があるという人でも、安心して参加することができるプランがいくつかありますので紹介します。

ビジネスホテルやマンスリーマンションに宿泊するプランを選ぶ

合宿免許を行っている教習所の多くは敷地内に宿舎を所有していることが多く、多くの教習生がそこで約2週間の合宿生活をします。

この場合、教習所の敷地内なので通学の時間がかかりませんし、食事も3食出て、カラオケルームなどの娯楽施設も完備されている施設もありますので、楽しい合宿生活を送れますが、多くの人が友人と参加しますので、1人で参加する人はちょっと寂しいと思います。

そうした人にぴったりなのが近隣のビジネスホテルや、教習所が用意したマンスリーマンションに宿泊するプランです。

このプランだと人と交わることはあまりなく、夕食は近隣のレストランで食べたり、教習の時間以外はすべて1人で過ごすことになります。

1人で参加するコミュ障の人はこうしたプランが最もおすすめだと思います。

ホテル宿泊のゆったりタイプの合宿免許教習所特集

女性専用のプランを選ぶ

そのほかには、女性のみを受け入れている教習所の合宿免許のプランに申し込むという方法もあります。

合宿免許は友人などと一緒に参加する人が多いため、旅行気分で参加している男性も多く、教習の合間などにナンパされることもありますが、そうしたことが苦手で静かな環境で教習を受けたい人にはおすすめだと思います。

しかし、こうした女性専用の教習所は数が少ないので、参加を考えている人は早めに予約をしましょう。

女性一人でも安心の合宿免許教習所特集

まとめ

以上、コミュ障の方の合宿免許についてまとめてみました。

教習の内容は合宿免許も通学免許も同じですので、運転免許を取得するならコミュ障の方でも教官としっかりコミュニケーションを取る必要があります。

特に、合宿免許は最短期間で卒業するために、分からない点を教官に質問したり積極的に行動する必要がありますので、コミュニケーションが苦手な人も頑張りましょう。

一方、宿泊施設は教習所の宿舎ではなく、教習が終わってから静かに1人の時間を過ごせるビジネスホテルの方がリラックスできると思います。

合宿免許は地元から離れて土地勘のない地域で寝泊まりしますので、特にコミュ障の方が1人で参加するのは不安だと思いますが、勇気を出してぜひとも参加してみてください。

関連記事